ご挨拶

 皆さんこんにちは。このサイトの作成、運営をしております、平井と申します。私は、古くは私立の女子校で、学校講師の仕事をしておりました。その後、一時バイト生活をしたあとに東京都立学校の講師となり、定時制高校の日本語クラスや養護学校などあちこちの学校でいろいろな経験をしました。本当は、このサイトに載せているような話を実際の授業の中で、ほんの少しでも生徒達に話してあげたいと思ったのですが、なかなかそういう機会も持てずに仕事に追われてしまったのが実情で、そうこうしているうちに学校(や教師)を取り巻く環境も目まぐるしく変わり、04年の春、いろいろ考えるところもあって自分は教壇を離れてしまったのでした。

 「侍ジャイアンツ」の主人公、番場蛮は、ジャイアンツが嫌いでジャイアンツに入団し、だからこそ真の「侍」であったわけですが、私はさっさと学校という現場から逃げてしまいました。
 自分が学校を離れた大きな理由の一つは、単純で個人的で利己的な理由です。登りたい山があったからです。・・・講師時代には長い休みがあったので、それを利用して自分はアコンカグアへ登りに行きました。が、無理な計画から一種の高山病を体験し、帰国後には入院、手術ということにもなってしまいました。そのせいで一ヶ月間学校を休んでしまいましたし、今も薬を手放せない身体になっています。それでももう一度アコンカグアへ行くには、何かあってもいいように学校は辞めておこうと思ったわけです。・・・
 そして結局、長い休みの間にアコンカグアへは二度登りに行きました。さらには次の目標の山、マッキンリーを目指してアラスカへも出かけ、06年の初夏、念願かなって登頂も果たすことができたのでした。

 以前、友人と話しているときに、「ヒラサ(私のことです。)の夢って何?」と聞かれました。私が、う〜ん、と考えていると、「すぐに答えられないんじゃぁ、夢なんかないんだね。」と言われてしまったので、慌てて、「山に登っていたい。あとやっぱり、ちゃんとした学校の先生になりたい。」と答えました。するとすぐまた、「でもさ、夢は一つにしないと、結局どっちもダメになるんじゃないの?」と言われてしまいました。
 このことでは私はこんなことを思うのです。山のことを学校で教えたい。あるいは、山で教えていたい、と。(ここで、「山」を、「旅」とか「生き方」といった言葉に換えても、私の考えていることに近いような気がします。)そう考えると今の自分は、夢からは一歩遠ざかっているのかもしれません・・・。(一度自分から仕事を離れてしまったら、まっとうな職に復帰することがどんなに難しいか、そして、仕事に就かないでいることがどんなに苦しいかを痛感した無職の二年半でもありました。)
 しかし、やっぱり教師になる夢は諦めないでいたい・・・。その思いを繋いで、なんとか再び学校の仕事を見つけてきたのは、自分のため、だけではなく、今まで自分がかかわってきた生徒たちや、これから出会うであろう子供たち、そして、自分のことを信じてくれている大切な人のためでもありました。
 ・・・「山のことを教えたい」・・・、この夢には、終わりはないような気がしています。その、夢を叶える手がかりの一つとして、こういう方法もありかなぁと思ったのが、インターネットであり、ホームページでもあったわけです。

 そういうわけで、こんなサイトを作ってみようと思ったのも、本当は誰に見て欲しいかといいますと、それは、若い世代のこれからの人達、学校の生徒達なのです。ですから、言葉遣いなどもずいぶんいい加減だなぁとか、失礼なやつだとお感じになっている方もいらっしゃるのではと、少々心配しております。そしておそらく実際には、たくさんの大人の方々のほうがご覧になってくださっていることとは思うのですが、やはり姿勢としては、「冒険してみようよ。」「世の中には、こんなに美しい場所があったり、こんな生活、こんな生き方をしている人達もいるんだよ。」という感じになってしまっています。ご不快にお感じでしたら申し訳ありません。その旨、ご了承ください。

 ご覧の通りこのサイトはまだまだ発展途上です。2000年11月に作り始めてからある程度の体裁は整えたのですが、私の度々の引っ越しなどの事情によって、ページの更新も遅れがちです。(04年4月から暫くWeb環境の整わない岩手の片田舎で生活しておりましたので、一時休止にしていた時期もありました。)
 また、ちょっと前とは違い、今では本当に多くの人が「ブログ」というより簡便な手段を使って情報を個人から世界へと発信できる世の中になりました。はたして、こんなにちまちまとした独り言を発信する意味があるのだろうか・・・という自問を抱きながらも、なんとか皆さんに楽しんでいただけるよう、これからもマイペースではありますが工夫を凝らしていこうと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
 このサイトを、ぜひたくさんの方に見て欲しいと思っておりますので、どうか皆さんのお知り合いご友人の方々にも、このサイトのURL
 http://nametokoyama.la.coocan.jp をお知らせください。

 
 たくさんの人に支えられていると実感のできる、新しい時代のこのおもちゃ箱(パソコン)は、使い方によっては確かに私たちの暮らしに豊かさを運んでくれるものかもしれません。
 ただ本当は、皆さんと一緒にできれば山の上などで、そのうちいつか国語の授業(山の話?)なんぞをしてみたいなぁと、漠然と夢見ている次第でおります。それがなんとか実現できるよう、今はたくさんの方に(こんな自分ですが)夢や希望を分けて差し上げられるよう、がんばろうと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

     「なめとこ山の山ヤ」こと、平井 尚志(ヒライタカシ)

第七稿 2007年 1月05日