◎ 2003年 5月 茨城県 那珂川 カヌー下り

 ケイさんに、カヌー下りに誘われた。ケイさんとはそもそも、山歩きで知り合ったのだが(って、話せば長いこと?なので省略。)彼は元スポーツクラブのインストラクターという、オールラウンドのスポーツマンである。(←かた仮名ばかりだぁ!)ま、ちょっと(てか、かなり?)おっちょこちょいな一面(?)もあり、数々の伝説を持つ人でもある。
 しかし今回は、彼の専門フィールドとも言える(?)カヌー下りだ。キャンプにも川下りにも気持ちのいい、初夏の週末に企画を立て、彼の以前からのカヌー仲間数名と、茨城県は那珂川の川下りへといざ出発!ということになった。

 土曜日に、友部S.A.で待ち合わせをしてそこへ集合。
「なかよしキャンプグランド」という所をベースにして
キャンプを張る。
 夕方、キャンプ場の目の前を流れる那珂川にカヌーを
浮かべて漕いでみた。初体験であった。
 ケイさん曰く、「一般的な沈の可能性は20%くらい
でしょうか。が、挑戦者(別名無謀者とも言う)ほど沈
の可能性が高くなります。」とのこと。お言葉どおり、
私はさっそく、まだ冷たい川の水の洗礼を受けました。
(写真は夜、焚き火を囲んでの語らいの時間。
 右から、ミカちゃん、高橋〜、立松さん、高田さん、そして俺。)

 

 日曜日、いよいよ上流へ出発します。
って、このカヌーの積み方を見てよ!
「これで一度で運べるでしょう。」だって。
これぞまさに、ケイさん流!

 

 

 

 

 落としてしまった10円玉を必死に探すケイさん。
 ・・・。
 す、すみません、間違えました。艇の前方に足の
置き場を決めるものがあるので、それを調整してくれて
いるのでした。

 

 

 

 

 紅一点のミカちゃん。沈した時の必死のお姿、忘れられません。

 立松さん。あちこちの川を下られているとか。鮎、ご馳走様でした。

 ケイさん同様スポーツ万能の高橋君。今はサーフィンに恋してるとか。

 おなじみの高田さん。けっこう様になってます。

 俺。カヌー、楽しかったです。ケイさん、またいつか行きましょうね!

 みんなで!

おっと、忘れてたわけではありません。写真を撮っていてくれたのがケイさんなので、
ケイさん自身の、華麗なパドリング姿が残っていないのです。

ケイさん、いろいろありがとうございました。


師匠。



 

「すべての川を遡れ!」の目次のページに戻る。