◎ 2004年 6月 奥秩父 笛吹川東沢流域 鶏冠谷左股

 きむひろ君と、沢登りに行くことになった。一年ぶりの沢である。一年ぶり! それなら、おいしいとこ取りで行こう! ということで、奥秩父は笛吹川流域の、鶏冠谷左俣とヌク沢と、2本楽しんで来ちゃおうという計画を立てた。
 金曜の夜、きむひろ君は会社の飲み会があったので、俺がK駅まで車で迎えに行く。K駅を出発したのは11時半頃。高速を勝沼でおりて、案内板どおりに走るんだけれどなんだか寂しい道になる。コンビニがあったら買い物を済ませようってことで、きっとここが最後と思われるヤマザキデイリーストアーで行動食やビールなどを買った。(しかし、国道に出たらイレブンもローソンもあって、な〜んだと思った。)
 西沢渓谷の駐車場に着いて、その時間から更に歩く気にはなれず、手足を伸ばして寝るために駐車場にテントを張って寝ることにした。深夜2時過ぎてたよね。

 5時半頃起床だったか。朝飯を食べてテントを片付けて支度して、6時半には駐車場を出発だぁ。西沢渓谷へのハイキングコースを歩く。西沢山荘前を過ぎると、あずまやと、立派なトイレがある。更に進むと右手にヌク沢への登り口があった。(明日はここからかぁ。なんて思っていたけれど、そうはならなかったのであった。・・・。)
 吊り橋を渡って、河原へ下る。進入禁止としてロープが張ってあるけれど、一般ハイカーへの警告と考えて踏み跡に従っていいだろう。さて入渓ポイントはどこかなぁと上流の方へ目を凝らすと、あぁあるねぇ、Webで見覚えのある木と標識らしきものが。先を行くパーティーもいるようだ。そこで我々も身支度を調え、(それから標識前では一応写真も撮って。って、なんだかへなちょこだぁ。)いよいよ鶏冠谷へと向かうのだった。7時半くらいだったかな。
 初めは、薄暗い谷間を進んで行く。あんまり、沢登りらしくないね。前を行くきむひろ隊長は、ぴょんぴょんと岩を飛んで進む。しばらくして緩くカーブした所でどーんと現れたのが、魚止めの滝だ。先行パーティーがラインを読んでいる所であった。「監督は右から登ったんだっけ?」(しばしば僕らは、「監督はどうしたっけ?」などという会話を交わす。)でもここは巻きだね(あっさり!)。順番待ちするのもなんだかなぁと思ったのだった。お先に失礼というわけで右手の踏み跡へと進んだ。
 引き続ききむひろ隊長の後に続いて、楽しい沢歩きだ。隊長!写真を撮るのでちょっとこっちを向いてにっこりしてください。(う〜ん、いまいちか。)シャイな隊長はずんずん進む。やがて3段(5段?)12mのナメ滝という所に出る。そうそう、安藤さんのレポでも、ここは印象的な所だった。左側(右岸)からアプローチして、途中から中央への横断を試みる。「きむちゃん、そこのしわの所に足が置けそうだよ。」な〜んて、隊長に意見してみた。しかし隊長は苦戦している。ので、選手交代。こうしてこうしてこうでしょう。どうですか隊長? と、きむっちを見ると、ややや、彼はもう別ルートから登っているではないか。小生もおいて行かれないようにそこを突破した。
 そして次に現れた滝が、本日の(自分にとっての)メインイベントとも言える、逆くの字の滝だった。ガイド山行(と言うより、ずいぶん叱られてたから講習会かな。)らしきパーティーが先に取り付いていた。待っていると、さっき先に行かせてもらったパーティーも追い付いて、みんなで順番待ち。(だからきっと、前の彼らは緊張しただろうなぁ。)やがて僕らの番になる。先行Pもロープを出していたしというわけで我々もロープを結ぶが、くの字の中央までは行けそうだということで(後続Pの人から教えられた。)二人して一緒に登っていった。うん、なんだか行けそうだね。しかしまぁ、せっかくなので自分はまずその場に残り、きむひろ隊長をビレイする。隊長は慎重に、しかしわりとあっさりと登っていき、最後にはニコニコしながら「ロープいらないよぉ!」と叫んで合図をくれた。いらないよぉ〜っちゅうても、ロープは張ってくれ〜ぃ。と、俺はブツブツとは言うものの、きむちゃんには全幅の信頼を置いている。隊長にビレイしてもらっていれば安心だ。そう、だからこんなナメも・・・ぬはっ! 転けた! と、止まった! ひぃ〜ビックリしたなぁ、もう。(って、それはきむっちの台詞か。)まぁ、監督ですら滑ったっていうから、「況やなめとこをや」だ。(訳しなさい。)気を取り直して、もう一歩を踏み出す。と、ぐはっ! また滑ったぁ! この時はさすがに、ここは登れないんじゃないかと思ったよ。下半身はビショビショ、後続Pの視線も感じつつ、本当に慎重に、手がかりを決めて(手だ! 手が問題だった。)冷や汗をかきながらも隊長のもとへと辿り着いたのであった。
 さてその後はのんびりナメ歩きをして進み、途中、5mくらいの滝の釜で腰辺り(へそ? 足の長さの問題?)まで濡れるよと隊長に言われ、慎重にへつって進む。さすがに泳ぐ気にはなれないよね。その後すぐ、二俣だった。
 左俣へと進むと、けっこうバシャバシャザブザブ系の滝(?)を二つくらい登ったかな?(いい加減ですみません。一つは、けっこう本当に瀑心突破といった感じのもだったから、かなり寒くなったよね。)それから、つるつるのナメ滝では、例の先行Pに追い付いたのだけれど、彼らが最も右にラインを取って悪戦苦闘しているのを見た我らが隊長は、幅広のナメ滝の中央から果敢に攻め登り始めた。?! なので自分も慌てて後を追うが、きむちゃん、ここは無理ですぜ。と、行き詰まった僕らを見た講習会の講師(?)の方が、「お先にどうぞ。」と声をかけてくれた。いえ、その、僕らは遊んでるだけなんです・・・。が、どうぞどうぞと言われて、それじゃぁということで、そちらに移らせていただきたいのですが、・・・やややや! 隊長も俺も滑ったぁ〜。(のは、ちょっと恥ずかしかったりしました。)しかしゴリゴリと右側のラインを登るのは、それほど苦ではなかった(ような気が・・・)。ありがとうございますと挨拶をしていると、隊長が講師の方に何か言われているようだ。どうやら、俺らの参考にしている遡行図を書いた人が、この方らしい。ほ〜。ならばそちらの講習会に合流させていただこうか・・・な〜んてことは、思いませんでした。
 ここで僕らが一番先頭になったのかと思いきや、綺麗な滝の上には、どうやらまだ先行Pがいるようだった。その滝は左側からえいやっと登って、もう一つ滝があったかな、その後、一ノ沢との分岐の所に、大きな滝がドド〜ンと待っていた。
 ここは、落ち口のシャワーをしのいだら滝の左側から登れと、さっきの講師の方から教えられたんだよね。はたして登れるのかいなと、近づいてみると、・・・なるほど、残置スリングが垂れているし、ハーケンも打ってあるね。大丈夫かな?(と、スリングを引っ張ってみる。)ちょいとこれらを頼りに(これをA0と言うらしい。)、ザンザン濡れながら、あぁ〜もう一歩踏み出せたら〜・・・、というところで落下した。隊長に交代だ。隊長は、ジリジリと、ジリジリと、おっ行くねぇ〜。2度目のアタックで自分も突破し、二人でいくらか傾斜の緩い左方向へ移った。さて、目の前の壁を見ると、なるほどハーケンが打ってある。そこでロープを出して、きむひろ隊長が登っていくことに。まずその、3mくらい上のハーケンに一つ目のヌンチャク、と。続いて、・・・。(隊長! そろそろ支点取らないと、今落ちたら下まで落ちますよぉ!)ま、いいか。けっこう登れちゃいそうだな。・・・。てか、ロープ必要なさそうだな。・・・。とうとう隊長の姿は見えなくなった。しばらくロープは延びていくが、やがて止まった。? しまった! ぼそぼそ系の隊長の声(失礼!)は、滝の真横にいるとなおさら聞き取れないよ。セルフビレイはできたのかな?「ロープ引いてぇ〜!」と叫んでも、どうやら聞こえないらしい。上はどんな状況なんだろう・・・。と、ゆるゆるとロープが動く気配がしたので、自分も一緒になって(ロープの束を持って! なんじゃそれ。)途中まで登っていった。やがて、灌木帯に隊長の姿を確認。しっかりビレイ体勢なので、安心して先に進む。(下山時の二人の会話。「講習会の人達みたいにさ、笛とかあると便利だよね。沢だと、きむちゃんの声、聞こえないんだよ。」「あ、笛は持ってるんだけどね。」「・・・!」)
 さてさて、灌木帯へと進入した我々は、結局は遡行図にある3段15mという滝を高巻いたことになるのかも知れない。なんだか歩きづらい樹林帯をなんとか抜けて、右岸から本谷へストンと出たのが、11時頃(?)だった。そこでちょっと休憩。まだお昼前だけれど、行程も、まだまだといったところか。ただ、上部へ行けば水量も減少し、ダイナミックさはなくなってくる。それでも絶好の沢登り日和に恵まれたおかげで、ナメ歩きも、いくつもの滝登りも、大いに楽しめた。(たぶんここが、本谷と三ノ沢との分岐だったんじゃないかなぁ。・・・そうでしたっけ、隊長?)最後の方は、本谷も細くなって、トイ状の滝というのもなんだか階段を上がるようにして登れて、そうしてどうやら鶏冠谷の沢も終わりだった。水源と思われる所で、先行Pが休んでいた。我々もそこで休憩し、水を汲み、靴を履き替えた。
 その後は少々山登りだ。なぜかこんな所に、わりと楽にたどれる踏み跡がある。(古い切り株などもあったから、かつては登山道があったのかな。けど、どこからどこへの? 植林用の道か?)最後にちょっと、シャクナゲをかき分けると、鶏冠尾根に出た。(こんな所から尾根に出た。)
 さぁ、噂に聞きし、鶏冠尾根である。初めのうち、鶏冠山山頂(と思われる頂)へと辿り着くまでは、まだ許せるかな。いやいや、この日のように展望の楽しみでもなければ、とっくに腐っていたに違いない。幸いこの日は午後になっても富士山が眺められる快晴で、木賊山の向こうの甲武信や、それから右俣を遡上していたら下ったであろう戸渡尾根(と、その奧に重なる山々)なんかを眺めては、なかなか充実していて楽しかったよねぇと、きむひろ隊長と話していたのであった。ここまでは・・・。しかし、「第三岩峰」(迂回、の意味。)と書かれた道標を左へ折れてからは、いったいこの尾根の下りはいつになったら終わるのだろうと、本当にうんざりしてしまった。途中、懸垂下降ポイントもあったりしたけれど、そういう息抜きでもなければ、やってられないところであった。
 それでももちろん、やまない雨はないように、終わらない尾根はないのである。(下らないオヤジギャグはあるけれど。)4時か、せめて5時頃には下山できるかなと思っていたのが、6時頃になってしまった。車の中に残してきた缶ビールは、すっかり温まってしまっていた。そんなの納得いかないぞぉ! というわけで、ひとっ走りして缶ビールを調達して後、お疲れさま!の乾杯で、やっと今回の沢登りは無事終了したのでした。(あ、翌日のヌク沢の予定は、ヘロヘロになった僕らには無理という話なのでした・・・。まだまだ修行が足りないね。)きむひろ君、本当にお疲れさまでした。次回もまた、よろしく!



 

「すべての川を遡れ!」の目次のページに戻る。